自覚がなかった野菜不足を、青汁が救ってくれました。

その当時は、自分自身に野菜不足とゆう認識は全くなかったのですが、青汁のことは前々から気にはなっていました。でも青汁を飲もうとゆう気持ちになることはなく日々を過ごしていました。野菜は毎日食べているし、ビタミン剤などのサプリメントも摂取しているので、自分は野菜不足ではないとゆう、変な自信があったのです。でもある時、某テニスプレーヤーの方が、コマーシャルの中で野菜ジュースの中にさらにフルーツや野菜を入れて飲んでいるのを見て「えっ、こんなにもフルーツや野菜を摂ってやっと普通なのかも」と衝撃を受けました(笑)。それと同時に自分の食生活をもう一度振り返ってみました。

野菜は毎日食べているとはいえ、ほとんどが淡色野菜の上に、緑黄色野菜に至っては恥ずかしながらピーマンやブロッコリーを繰り返すような、代わり映えのしない内容でした。料理をするのがあまり得意でない私は、この時「やはり青汁だ」と思い立ち、大麦若葉の青汁を飲み始めました。体に良い成分がたくさん入っていて、毎日の食事からではとても補いきれないと思いました。飲み始めてから約一年経ちますが、体調がとても良くなったと感じています。青汁を飲み始める前は、朝から体がだるくて主人や娘を送り出してからソファで寝ていたりしたのですが、それがなくなりました。朝のうちに用事がはかどるので嬉しいです。これからも青汁は欠かせないです。

ふるさと青汁は買ってはいけない?